おべんとね!っと

ログインお弁当を注文する

ランチ難民とは?ランチ難民を生まないために企業でできることとは?

新規申し込み
各種お問い合わせ

ランチ難民とは?ランチ難民を生まないために企業でできることとは?

ランチタイムを充実させ、休憩時間を有効に使うことができれば午後の活力を十分に養えます。

しかし、昼食を満足に取れないランチ難民が発生してしまい、現在問題視されています。

そこで今回の記事では、ランチ難民に関する基礎知識とともに、解決するために有効な取り組みについて解説していきましょう

ランチ難民とは?

ランチ難民とは、勤務中に設定された昼休み内に食事を取れない人たちを指します

オフィス街の周辺の飲食店が少ないと、従業員が殺到するため混雑するなどして昼食を食べ損ねてしまうのです。

働く人の職場環境、ランチ事情とは

ランチを食べられなかった従業員は栄養補給のチャンスを逃してしまいますから、生産性の低下につながり、企業の業績の不振を招く原因となります。

それだけではなく、酷い時には従業員の健康問題にも直結してしまうでしょう。

そのような事態を避けるために、国内のある大手電機メーカーは働く人の職場環境とランチ事情の調査を実施しました。

調査は新橋駅や東京駅、新宿駅など東京都23区内に勤務する男女を対象に行われ、有効回答者数は405名です。

この調査では、「今日はランチを食べられなかった」もしくは「今日は食べたいものを食べられなかった」という経験がありますか、という質問をしています。

そして、この質問に対しては、半数以上の人が「食べられなかった、食べたいものが食べられなかった」と回答しました。

これらの人たちが発生する原因については、次の項で詳しく説明しますが、これには休憩時間の問題や周辺地域の飲食店の数など、様々な原因があると考えられています。

もちろん、ランチ難民を出さないために企業側も努力を重ねていますが、一社だけで改善することは難しくランチ難民を取り巻く環境は複雑なのが現状です。

ランチ難民が増加する原因

先ほども少し触れましたが、ランチ難民が発生する原因には休憩時間の問題や周辺地域の飲食店の数など複数の原因があります。

ここでは、ランチ難民が発生する原因について3つご紹介しましょう。

他社と昼休みの設定時間が被ってしまう

多くの企業では昼休みの時間帯を正午頃に設定しています

たしかに、午前中の仕事を済ませ集中力が切れてきたところで栄養を補給する時間としては、合理的なタイミングでしょう。

ところが、多くの企業がこの時間に昼休み設定していることからランチの時間が被ってしまい、ランチ難民を発生させる原因となっているのです

オフィス街ではお店が混んでしまう

オフィス街の周辺エリアの飲食店がわずかしかない場合、昼休みの従業員が一ヵ所に殺到してしまいお店が混む原因を作ってしまいます

お店が混んでしまうと料理の提供時間が遅れてしまいますから、昼休みの残り時間によってはランチを諦めざるをえずランチ難民になっているのです。

外に出る、お店に並ぶのに時間がかかる

高層ビルの上階に拠点を構えている企業は、外に出るだけで時間を消費してしまいます

仮に外に出るまでの時間を5分とした場合、往復で10分もかかってしまいますから、休憩時間が削られランチ難民が発生してしまうでしょう。

なぜなら、ビルの外に出るまでに時間がかかると、すでに飲食店の前に行列ができているケースもあり、店に入る前にランチタイムが終わってしまう可能性が高いからです

ランチ難民にならないためには

ここまでは、ランチ難民が発生する原因などを解説してきました。

この項では、個人でもできるランチ難民にならないための対策について解説しましょう。

事前に昼食を準備する

事前にランチを準備することは、ランチ難民にならないための有効な対策の一つです。

自分でランチを準備しておけば、外に出る必要もありませんし、混雑している飲食店にわざわざ出向く必要もないでしょう

飲食店が少ないエリアの職場に勤めていても、コンビニであれば場所を選ばずどこにでもありますから、ランチの確保には困らないはずです。

さらに、お弁当を持参すればランチ難民対策になるだけでなく、食費の節約にもつながりますから一石二鳥です。

社内の食事サービスを利用する

社内食堂を完備している会社に勤めている人は、社内の食事サービスを利用してもよいでしょう

社内食堂であれば、従業員の健康に配慮したバランスの取れたメニューを置いていますから、ご自身の健康増進につながります。

さらに、福利厚生の一つである食事補助も受けられますから、食費の節約にもつながるでしょう。

昼食時間を混雑時間帯からずらす

昼食時間をずらし飲食店が空いている時間帯を昼休みに当てることも、ランチ難民にならないための一つの手段です

飲食店に余裕がある時間帯であれば注文した料理が素早く出てきますので、確実に昼食を済ませられるでしょう。

ランチ難民にならないために、企業ができることは

従業員がランチ難民になってしまうと、生産性が落ちるばかりでなく彼らの不満もたまっていきます。

不満が蓄積していくと帰属意識が低下し、離職者が発生するなど重大な問題を引き起こしかねません。

そういった事態を避けるため、企業は様々な対策を考え実施しています。

この項では、企業が行っているランチ難民を減らすための対策を3つご紹介しましょう。

社員食堂を設置する

社員食堂の設置はランチ難民を出さないための有効な手段です

上記でも記載しましたが、社員食堂を利用すれば外出の必要がありませんから、すぐにランチにありつけます。

さらに、従業員の健康維持にもつながるため、業績アップも期待できるでしょう。

ただ、社員食堂の導入、運営には多額の費用がかかるというデメリットがあります。

昼食時間をフレキシブルに設定する

みなさんはフレキシブルタイムという言葉をご存じでしょうか?

フレキシブルタイムとは、従業員が勤務時間を自分の裁量で決定できる時間帯を指します。pp
フレキシブルタイムのもとでは、従業員が労働時間と休憩時間を自由に設定できますので、昼食をとりやすい時間帯に飲食店を利用できるのです

しかし、フレキシブルタイムのもとでは従業員が自分の都合で動くため、従業員間のコミュニケーションが不十分だと、急な電話対応ができないなどのデメリットがあります。

宅配弁当サービスを導入する

ランチ難民を減らす方法として、宅配弁当サービスを導入してみるのもよいでしょう。

最近では、企業向けのプランを用意している宅配弁当サービスも登場し、注目度が高くなっています

特に注目を集めているのが、お弁当の注文の取りまとめや代金の支払いを代行してくれるおべんとね!っとというサービスです。

初期費用は0円で導入できますから、低コストで従業員のランチ難民化を防ぐ手立てを考えている企業には、まさに打ってつけでしょう。

そこで、ここから先は、おべんとね!っとの魅力をたっぷりご紹介しますので、ぜひご覧ください。

おべんとね!っととは

先ほども申し上げたとおり、おべんとね!っととは、お弁当の注文の取りまとめや代金の支払いを代行してくれるサービスのことです。

ランチ難民が出ないだけでなく、毎日美味しいお弁当を味わえるとあって企業からの人気を集めています。

おべんとね!っとの魅力をご紹介

おべんとね!っとには、上では説明していない魅力がまだまだあります。

この項では、そんなおべんとね!っとの魅力を3つに分けてご紹介していきましょう。

従業員が自らスマホやPCから注文できる

おべんとね!っとでは、従業員が自らスマートフォンやPCを使ってお弁当の注文ができます

各自でお弁当を注文しますから、お弁当の注文をとりまめる人員が必要ありません

決済はクレジットカードにも対応していますので、集金業務の負担も無くなります。

従業員の負担が軽減されますから、これまでよりもさらなる生産性の向上が見込めるでしょう。

給与天引きを希望する場合は、自社システムにデータを取り込むだけで手軽に支払いの設定ができます。

安心・安全な栄養バランスに優れた食事をとることができる

おべんとね!っとでは、たくさんのお弁当屋と提携していますが、各お弁当屋の工場の監査を行い、お弁当の品質や衛生管理、従業員の教育レベルなどを細かくチェックしています

そして、衛生・品質管理基準に満たないお弁当屋とは契約を結ばない方針を取っているため、常に安心・安全なお弁当が手元へ届くでしょう。

さらに、お弁当は管理栄養士が献立を考え、選び抜かれた食材で調理されていますから、美味しくてヘルシーなお弁当が毎日あなたのもとへ届きます

美味しいお弁当を仲間と持ち寄って食べれば、社内のコミュニケーションがより円滑になり業績アップにもつながるはずです。

配達可能なお弁当屋を無料で紹介してくれる

おべんとね!っとでは、契約企業に配達してくれるお弁当屋を無料で紹介してもらえます

さらに、初期費用0円で導入できる他、システム利用料も無料ですからコスト面の心配もいりません。

加えて、サービス開始までの日数は、おべんとね!っとの担当者との調整後、一週間程度の短期間で済みますからスピーディな導入が可能です。

ちなみに、担当者との調整時、利用候補のお弁当屋の試食もできますから、実際に食べてみてから決定してもよいでしょう。

まとめ

ランチ難民とは、昼休み時間にランチを食べられない人たちを指す言葉です。

大手電機メーカーが実施した調査によると、ランチ難民に該当する人は回答者の半数以上に上りました

ランチ難民が発生する主な原因は、多くの会社の昼休みの時間が重なってしまうことや、お昼時はどうしても飲食店が混んでしまうことなどです

ランチ難民にならないために個人でもできる対策は、事前に昼食を準備することや社内食堂の利用、昼休みの時間をずらすといったものがあります。

もちろん、企業側もランチ難民が出ないように様々な対策を講じています。

例えば、社内食堂の設置やフレキシブルタイムの導入などです。

とりわけ便利なのが、導入コストがかからず美味しいお弁当を手軽味わえる宅配弁当サービスです

宅配弁当サービスを導入したい時は、おべんとね!っとを利用するとよいでしょう。

おべんとね!っとは、お弁当の注文の取りまとめや決済代行を一手に引き受けてくれる便利なサービスです

提供されるお弁当は栄養士が献立を考え、厳しい品質管理のもとで作られたものですから、安心・安全なだけでなくヘルシーかつ美味しいお弁当が手元に届きます。

また、初期費用0円で導入できる手軽さも大きな魅力です。

公式HPでは詳しい資料がダウンロードできます、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

お問い合わせ

TOPへ